韓食のようで、様式のようで

先日、約束があり三徳洞に行って

大邱ワインバーで、私は前に行きたいと思っていました

ここに来て、私は異色のフュージョンを食べる

安い価格でお腹いっぱいに味わうことができます

とても満足のいく場所です。

良い、しかし、それは他の特別なものでした

食べ物を味わいたい人は

それを参照してください。

今回訪れた場所は、慶大病院駅

出口4から5分で到着することができます。

アクセスが優れています。路地の

建物なのに通ガラスになっていて遠くからも

一目で見つけることができた ガラスのガラスで

外でも屋内が

明るく見えたのに、一通り見るにも非常に

感情的によく飾ったことがわかりました。

次いで内部に入るとブラウントン

照明が店をほのかな光で照らしていた

テーブルごとに間隔を広くする

もっと快適で

店のあちこちできれいに見えました

ワインボトルとシャンパンも見えました。

大邱ワインバーらしく酒類メニューが様々な

楽だった

白ワインと赤ワイン

たくさんの種類がありましたが、私は友人を追いかけました

持ってきて惜しくも酒はできず私だけ

私は赤ワインを飲んだ、エイドナ。

スパークリングの種類がたくさんあるので、おそらく

他の飲み物で

私はそれがあなたのためにそれを交換できると思う。

店内に入ると

キッチンを覗くことができる

オープンキッチンです。

そのためか、店いっぱいおいしい

匂いが振動した。

調理する姿も直接見ることができ

食べ物を待つ時間は退屈です

違う

好きな席に座って

大邱ワインバーメニューをゆっくりと

メニューごとに 材料や

説明が書かれて選ぶときは

簡単だった。あなたのスタッフはあなたの目の前にいました

ご存じのように、材料が好奇心が強いメニュー

私はあなたに質問しました、そして、私は親切に言った

答えて下さった

シグネチャメニューを

ヌードルとライトメニューがありましたが、

シグネチャはあなたの二人が

私はそれが開発されたメニューだと思った。

ゴマの葉のペストにパスタとイベリコ

のステーキを詰める料理

青陽唐辛子を入れた辛く涼しい

スープパスタがありました。

キッチンを取り囲んでいるような

テーブルの形

テーブルには基本的に

紙コップ、食器、ウェットティッシュ

水瓶が特に

オレンジジュースボトルに含まれています

レトロ感触も出て久しぶりに見る

感じて不思議でしばらく見つめ

あった

大きな皿の上には、

パスタの側面と腸の煮物

アボカド・サーモン・ベネディックは

見た時はよく見えないが

卵を持ち上げてみれば、その下に分厚い

サーモンと柔らかいアボカド

たくさんのものがあります。ビジュアルだけ

見て、それはちょうどうんざりした。

アボカド・サーモン・ベネディックは

大邱ワインバーメニューの

彼はビジュアルを担当していた。

淡白に焼いたサクサクしたパンの上に

卵とアボカドの卵の

コロニーと新鮮なサーモン

加えて淡白で香ばしい味が

一品だった。

よく熟練した新鮮なアボカドの上に

スムーズな卵と塩辛い

チーズが溶けて味が無い

無い組み合わせでした

ソースはおいしかった、

食べやすい大きさで切り口いっぱい

お入れると香ばしさが広がり、ワインが

私はそれを覚えています。

ベネディックの上には白いチーズが

雪のように、彼らはたくさん分散しています。

パンとアボカド、サーモン、そして

チーズとコショウの冷蔵庫を添えて

一口大きく食べてくれれば口の中で

風味が感じられて三つ

材料は良い相性を持っています。

チーズとサーモンの厚さ

太いてひょっとすると

私はちょうどそれについて心配していた、

意外に全く感じず

ご存じのように、私はワインと空腹です

海産物を

食べられない私の友人もこの日は口に

うまくいくと、私は食べる。

大邱ワインバーの腸の花パスタ

基本的には、オリーブオイルは

着ていて 面が柔らかく

塩辛い腸の煮物に半熟卵を

爆発して食べるとユニークで

異色感で満足した。

確かに、署名メニューのように一般的です

パスタとは違った味がした。
全体として、それは腸の調味料の味です

鼻の先端にほのかなかを

柔らかい油の味も 강남풀싸롱 出やっぱり

半熟卵が入ると麺が

ぷりぷりしながらも、蒸しぷりと濃い

パスタを食べたような気がした。

食べても食べても飽きず妙な

中毒性の味でした。
長造林油パスタに含まれています

綿は厚い方で、腸の煮物が

食感が大きかった

肉を噛む必要はない

柔らかく、肌が柔らかかった。

疲れていなくてそうなのか麺と

一緒に口の中に入れる瞬間サル

溶けているように感じました。

通常、クリームパスタやオイルパスタ

食べていれば、すぐに飽きて感じて

一皿を空にしたことが

たくさんありましたが、この日は美味しいものでした

全く感じられる暇がない

一人で空にすることができました。

韓食のようで、様式のようで

奇妙な魅力があったと思う。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다