今日は青年を支えるチョンセ資金融資の条件と資格

社会に出たばかりの2-30代の最も大きな問題点は何だと思いますか? 住居環境ですね。 就職などの問題によりやむを得ず独立しましたが、貯めた貯金のない社会人の場合、高い伝貰代を負担するのは無理がないわけにはいきません。 そこで今日は、このような方達の助けになる青年伝貰資金の融資条件および資格について見ていく時間を持ちたいと思います。

青年たちを対象に出た伝貰資金不動産貸し出しです。 住居費の負担が困難な若者の場合、賃貸資金ローンを利用すれば、家賃で払う分よりも安く問題を解決することができます。 国家支援政策なので金利が安いという大きなメリットがあって資格条件が合えば多くの方にお勧めする商品の一つです。

●チョンセ資金融資条件

1.貸付金利

貸付金利は、利用する人の年所得に応じて異なり、最小年2.3% – 最大年2.7%まで策定されます。


– 年間所得2千万ウォン以下 : 年間2.3%
– 年所得2千万ウォン超過 – 4千万ウォン以下:年2.5%
– 年間所得4千万ウォン超過 – 5千万ウォン以下:年2.7%



2. 優待金利適用基準

– 夫婦合算、年収が4千万ウォン以下の場合、내구제 基礎生活受給権者、次上位階層、年収5千万ウォン以下の場合、または片親家族が満6歳以下の児童を扶養している場合、年1%台の優遇金利を適用

– 住居安定家賃融資誠実償還者の場合、0.2%

– 多子の場合は0.7%、二人の子供の場合は0.5%、一人の子供の場合は0…3%


3.融資限度

融資限度は、チョンセ契約書において賃借保証金の80パーセント以内とされますが、最大限度は3500万ウォンと決められています。 しかし、個人の条件によっては、異なる策定になることもあるという点を考慮しておかなければなりません。


4.期間及び償還方法

若者を支えるチョンセ資金の貸出条件を見ると、貸出期間は2年と決まっていますが、最長10年間ご利用いただけます。 計4回の延長が可能だということですが、延長時、最初に受けた融資金の10%以上を返済したり、返済できない場合は、年0.1%の加算金利が適用されます。 償還方法は混合償還または一時償還という方法をお選びいただけます。


5.中途返済手数料

中途返済手数料がないので、ローンを利用している途中にいつでもまとまったお金ができたら、すぐに返済した方がはるかにお得な商品です。

チョンセ資金融資資格

1.貸し出し対象

融資対象は、満19歳以上から満25歳未満の大韓民国の成人でなければなりません。 賃貸借契約の際、賃借保証金5千万ウォン以下の賃貸借契約を締結し、保証金の5%以上を支払った状態でなければなりません。


2.世帯主かどうか

また、本人名義の家がある場合もいけません。 無住宅世帯主でなければならないんですが。 夫婦合算収益が5千万ウォン以下でなければならず、純資産価格が2億8千万ウォン以下でなければなりません。


3.対象住宅

対象住宅も別に決まっているんですが。 賃借専用面積が60平方メートル以下の住宅であり、住居用オフィステルも対象住宅に含まれます。

チョンセ資金融資申請

若者を支えるチョンセ資金ローンは、新規または追加ローンかによって、その時期が異なります。


– 新規

残金支給日と住民登録上転入日のうち、より早い日付から3ヶ月以内


– 追加

住民登録上転入日から1年以上、既存の貸付日から1年以上経って、契約更新日から3ヶ月以内

チョンセ資金融資の利用手続き

青年生活を支えるチョンセ資金の貸し出し条件について見てきましたら、次に利用手続きについて見ていきましょう。 基本的な条件を確認してから融資金を支給するまでには、以下のような過程がかかります。


1.貸し出し条件の確認


– 相談を通じた融資の基本情報確認


2.相談及び貸付金額の決定


3.審査


– 資格及び所得、資産、担保物などの審査


4.承認


– 融資可能可否及び限度


5.貸し出し実行

チョンセ資金融資の必要書類

– 賃貸借契約書(確定日付付)

– 保証金の5%以上が納入された領収書

– 所得確認書類

– 在職確認書類及び資産確認書類等

このように、今日は青年支持者のチョンセ資金ローンの条件および資格、そして申請時期および利用手続き、必要書類について学ぶ時間を設けました。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다